スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネプチューンオオカブト

昨日のネタの続き・・・
自分にとって鬼門となっている虫って言うのがこの虫↓

NO1.jpg

【学名】〔 Dynastes neptunus 〕
【名称】ネプチューンオオカブト
【産地】 エクアドル・クルマニ 産 
【累代】F  1

石74さんとしてもこの虫の累代は失敗したくないって
いう事で、1ペアをオイラに託してくれました。

何故かオイラの所では何度もネプチューンの幼虫を飼育する
機会があるんですが、とにかく幼虫が落ちる落ちる。

ブリードには自信はあるんですがね。
まあ個人的にはサタンが好きなので、それほどネプチューン
が欲しいと思わなかったのが本音でして・・・
ただ子供にネプチューン!ネプチューン!って言われるもん
だから仕方なく・・・

なにわともあれ今回ばかりは気合を入れて採りまくってみます。

石74さん、ありがとね!

お互い頑張りましょう!

とりあえず画像を(笑)

NO2.jpg
NO3.jpg
NO4_20101023002348.jpg
NO5.jpg
NO6.jpg
NO7.jpg
NO8.jpg
スポンサーサイト

サタンオオカブト

ブリード開始直前に♂が☆になってしまい、仕方なく
売り飛ばしちゃおうかと考えていたらフセツが欠けて
しまいニッチもサッチも行かなくなってしまったある
カブト虫がいる。

そんな話をオイラがかなり信頼している虫友さんの
石74さん
に話したら、ちょうど良い♂をお持ちだと言う事でお
分けしてくれる事に。
そんな訳で久しぶりにお邪魔してきました。

そのカブトムシっていうのがコイツ↓

SO1.jpg
SO2.jpg

【学名】〔 Dynastes satanas 〕
【名称】サタンオオカブト
【産地】ボリビア・ユンガス山脈・コロイコ 産 
【累代】F  -

大暴落してしまったカブトムシですが、ブリードはやや
神経を使うカブトムシでもありますし、何よりワシント
ン条約に入ってしまったので、今後のWILDの入荷が
なくなったと言う事で大事にしていきたいと。

手持ちの♀は既にボロボロなので、ブリードに失敗して
しまったらゴメン!
って、あらかじめ言っておいたら、それなら♀も持って
行きますか?
って、♀まで引き取ってきちゃいました。
これで失敗したら言い訳が出来ない(笑)

これから冬にかけてオイラの所でもサタンに羽化ラッシュ
になると思うので、成虫でバックするか、採れた幼虫で
バックするかはその時に決めましょう!

いつもながら感謝しています。

そうそう、約束してた例のブツはもう少しお待ちくださいね。

今後とも宜しくです。

取りに来たついでにとサタンとは別の虫まで持ち帰ってきて
しまいました。
その虫というのは自分にとって鬼門となっている虫です。

そのネタは明日以降に引っ張らせていただきますね(笑)

とりえず残りの画像を・・・

SO3.jpg

SO4.jpg

ビルマゴホンヅノカブト 〔ビルマニクス〕

羽化からとっくに一年以上も経過しているにも関わらず活動を始めなかったこのカブトムシ↓
BN.jpg
※参考画像です。後で差し替えます・・・

【学名】【 Eupatorus birmanicus 】
【名称】 ビルマゴホンヅノカブト 〔ビルマニクス〕
【産地】タイ・ターク 産
【累代】WF2

ケースの側面をカリカリ擦っていたので餌を入れておいたら・・・

夕方には完食してました!

やっと活動を始めたようです・・・

恐ろしく休眠期間が長い・・・

それにこんな時期はずれに後食を始められても都合良い♀が入る訳ではなく・・・

とりあえずオークションに出してみて、入札がなければ標本にしてしまおうと思います。

それにしても魅力的なカブトムシですよね。

M・テルシテス

4児の父さん血統のブリード失敗から累代が途切れてしまっていたこのカブト↓

78.jpg

【学 名】〔 Megasoma thersites 〕
【名 称】M・テルシテスヒメゾウカブト

いつかまた機会があれば手に入れたいと思っていたんですが・・・
今回運良くある虫友さんの仲介である虫とトレードする事が出来ました。

【学 名】〔 Megasoma thersites 〕
【名 称】M・テルシテスヒメゾウカブト
【産 地】メキシコ・バハカリフォルニア 産
【累 代】CBF1

幼虫15頭也

10頭程度で構わないって話していたんですが・・・
届いたらこんなに入っていました(笑)
まあ場所をとらない虫ですし、感謝!感謝です。

ありがとうでした!

またトレードしましょう!

M・パチェコ ヒメゾウカブト

こないだセットを組んだこのカブトが産卵しているかセットを暴いてみました↓

PH1.jpg

【学名】【 Megasoma pachecoi 】
【名称】M・パチェコ ヒメゾウカブト

羽化ズレで未だ次世代の幼虫を確保できていないだけに失敗は許されませんが・・・
なんだか雲行きが悪いです・・・


≪割り出し結果≫

【学名】【 Megasoma pachecoi 】
【名称】M・パチェコ ヒメゾウカブト
【産地】メキシコ・ソノラ 産
【累代】CBF2

MP.jpg

 卵 →→→04個

情けない・・・
かなり恥ずかしい結果です・・・

と言いますのも、まだ未成熟だったようで無精卵が連発しちゃいました・・・
かろうじて上の4個は孵化してくれそうですが・・・

もう引き下がれないのでこのまま2ラウンド目に突入しちゃいました・・・
爆産してほしいっす・・・

M・パチェコ ヒメゾウカブト

累代が途切れてからずっと持っている方を探していたこのカブトムシ↓

PH1.jpg

【学名】【 Megasoma pachecoi 】
【名称】M・パチェコ ヒメゾウカブト
【産地】メキシコ・ソノラ 産
【累代】CBF1

価格が安くなってしまったせいか、ほとんどの方がブリードを辞めて
しまたようで、手に入れるのがかなり大変でした・・・(汗)
カブトブリーダーのTさんのお知り合いが即ブリの個体が販売できる
って事で、お知り合い価格で販売してもらいました。
改めて人脈の大切さを知りました・・・
自分の為に友人に当たりまくってくれたTさんに感謝です。
ありがとうございました!

ってな訳で、早速産卵セットを組みました!

PH2.jpg

ビルマゴホンヅノカブト 〔ビルマニクス〕

新しい産卵セットを組む為に、放置状態だったある
カブトムシの産卵セットを整理しました。
このカブトムシ↓

BK1

【学名】【 Eupatorus birmanicus 】
【名称】 ビルマゴホンヅノカブト 〔ビルマニクス〕

BK2
※画像は参考個体!

1セット目を割り出した時にはここでも書きましたが、
それ以降は全くこのカブトネタに触れなかった理由と
いうのは・・・

1、2、3セット目とマメに卵割り出しをして40個近
く回収できたものの、すべて孵化せずに腐ってしまって
ました・・・

成熟には問題なかったと思うんですが・・・
見事にすべて腐ってしまっていたもんでモチベーションが
下がってしまって放置・・・
餌も入れてなかったもんだから気付いたら種親も☆
今季は諦めていたんですが・・・

気付いたらコバエの養殖所と化していた産卵セットをひっ
くりかえしてみると幼虫がちらほら・・・
慌ててマットを調べてみるとそれなりに出てきました。

BK3

うれしいっす!


そんな割り出し結果は・・・

【学名】【 Eupatorus birmanicus 】
【名称】 ビルマゴホンヅノカブト 〔ビルマニクス〕
【産地】タイ・ターク 産
【累代】WF3

BK4

幼虫→→→11頭也


まさに

 棚から牡丹餅!

いやいや、しっかり餌を入れてあげてればもっと産卵数を稼
げていたかもと・・・・

 後悔先に立たず・・・

そんなもんですよね・・・


まあ良しとします。


それはそうとこの兄弟の♂で一年以上も経過しているのに全く
起きない♂がいます。
これって普通なんでしょうかね・・・

それを考えると今回ブリードに使用した♂は未成熟だったのかも
しれません・・・

一年以上も餌を食べないカブトムシって信じられますか?

全くよくわからんカブトムシです・・・

M・ノゲイラ・ゾウカブト

都内のIさんが某ショップから安く幼虫を購入出来たって事で、
幼虫1ペア販売してもらっていたこのカブト

【学名】〔 Megasoma nogueirai 〕
【名称】M・ノゲイラ・ゾウカブト
【産地】メキシコ シナロア州 産

今年羽化予定でかなり楽しみにしていたんですが・・・
羽化前の最終マット交換をしようとケースをひっくり返したら・・・

ノゲイラ

がーーーーん


立ち直れない・・・



原因は某ショップのカブトマット・・・

数年前までは最高のマットだんたんですが・・・

最近はあまりにも悪質な品質・・・

しばらく使用を控えます・・・

M・パチェコ ヒメゾウカブト

コイツが餌を食べ始めてくれました↓

PK1

【学名】【 Megasoma pachecoi 】
【名称】M・パチェコ ヒメゾウカブト
【産地】メキシコ・ソノラ 産
【累代】CBF2

がしかし・・・・

頼みの♀が☆になってしまった・・・

PK2

これで4児の父さん血統が消滅・・・

手持ちからパチェコが消えました・・・

かなりへこみます・・・


即ブリ♂が残ってます。

里子に出している所で必要な方がいれば声をかけてね!

M・パチェコ ヒメゾウカブト

♀が羽化してて♂の羽化を待ち焦がれていたこのカブト↓

pache1.jpg

【学名】【 Megasoma pachecoi 】
【名称】M・パチェコ ヒメゾウカブト
【産地】メキシコ・ソノラ 産
【累代】CBF2

pache2.jpg

だけど・・・

それと入れ替わって最初に羽化してた♀が☆・・・

もう一頭の♀がいるが既に後食しているだけに間に合いそうに無いです・・・

里子に出している方に期待したいところですが・・・


里子の皆さんどうでしょうか・・・


とりあえず♂が活動を始める前に♀が☆にならない事を祈るばかりです・・・
プロフィール

TAIGA-PAPA

Author:TAIGA-PAPA
FC2ブログへようこそ!

リンク
カテゴリ
検索フォーム
最新記事
最新コメント
QRコード
QRコード
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
ブロとも一覧
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。