スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フルボノタトゥスコクワ

種親を撮影し損ねてしまったので省略・・・

≪割り出し結果≫

【学 名】【 Dorcus fulvonotatus 】
【和 名】 フルボノタトゥスコクワ
【産 地】インド・ダージリン 産
【累 代】 CBF1

幼虫→→→ 7頭

辛うじて次世代に繋がったって所でしょうか・・・

♂♀の成熟のズレと突然☆でかなりブリードで大苦戦してしまいました。

最終的に隣町の虫友のnemotomanさんから♂の援軍を送って頂いていました。

nemotomanさん・・・

不甲斐ない結果ですみません・・・
スポンサーサイト

タナカコクワ(中国産)

CTK01.jpg


しばらくお待ち・・・

ベトナム産 タナカコクワ

体調不良とプライベートでのゴタゴタで虫弄り所じゃありません・・・
ってな訳で先日のネタを・・・

しつこいだろうからUPしないつもりでしたがネタ切れじゃね(笑)

大分前に割り出した時に困るほど採れてしまったこの虫↓

TK1.jpg

TK2.jpg

TK3.jpg

【学 名】〔 Dorcus tanakai 〕
【名 称】タナカコクワ
【産 地】ベトナム・ハザン 産
【累 代】WILD
【サイズ】♂39mm(B) ♀25mm

かなり細かく割り出していたので、固い材に潜り込んでいない限りは取りこぼしはないだろうと、とりあえず割り出しカスや固い材をケースで保管
していたんですが・・・
最近になってケースが必要になって整理しようとケースをひっくり返すと

BTK002.jpg

こんなにも取りこぼした幼虫が・・・

割り出し残していた材はこんな感じ・・・

BTK001.jpg

そりゃ取りこぼすか(笑)

やっぱしっかり割り出さんと駄目だね・・・

そんな訳で取りこぼしの幼虫の割り出し結果は・・・


≪割り出し結果≫

【学 名】〔 Dorcus tanakai 〕
【名 称】タナカコクワ
【産 地】ベトナム・ハザン 産
【累 代】WF1

BTK003.jpg

幼虫→→→12頭

ちなみに♂が3頭に♀が5頭に判別不可な小さい幼虫が4頭って割合かな。

忙しくて幼虫で放出し損ねてしまったのでとんでもない数の幼虫を抱えている状況・・・

さてどうしたもんだか・・・


同じように現在セットを組んでいる中国産も上手く採れてくれると嬉しいんですがね・・・

プセウダキスコクワ

未だ体調不良です・・・
そんな訳で本日のネタも虫の紹介で勘弁を・・・

今季このコクワにかなり手を焼いています。
去年久々にWILDが入荷して大暴落中の本種↓

PK001.jpg

【学 名】〔 Dorcus pseudaxis 〕
【名 称】プセウダキスコクワ
【産 地】タイ・チェンマイ 産
【累 代】 WF1

PK002.jpg

PK003.jpg

PK004.jpg

PK005.jpg

PK006.jpg

PK007.jpg

どんな虫でもそうですが、WILDが入荷してしまうと価値観が薄れてしまう。
自分のように小型な虫が好きな方にならレア種と言える虫だと分かってもらえるかと。

個人的に大好きなエレガントゥルスと近い種で、♀に関しては相当の目利きがないと見分けが付かないかな。

話がそれていますが、この虫ブリードでかなり苦戦しています。
本種はWILDなら比較的簡単に幼虫が採れるみたいですが、ブリード物はそうはいかないみたいで・・・
だからこそWILDが入荷しなくなると市場から姿を消してしまうんでしょう(汗)

どうにか採りたい所ですが自信がありません。
っていうか、自分が想像していたイメージとは違い困惑しています。

ただやっと光が見えてきた気がしています。

今度組む予定の産卵セットで結果を出したいと思います。

遠征&あるレア虫

昨晩ですが、久々に横浜クワ友会のオフ会に参加してきました。
場所はいつも通りにNANAWA会長の会社。

先日採集してきた大量の天然カワラが大きい物ばかりだったので会社の高速カッターでコンパクトに切り刻んで貰いました。
いつもながら申し訳ないです・・・

夏の黒姫以来のK氏がその材にかなり興味を持っていただけたのが嬉しかったかな。
そこで好みのをプレゼントし、いろいろな虫に試してもらう事に。
役に立ってくれると嬉しいんですが・・・

そして2番目の目的。
手持ちのポルトンの♂の活動が遅れてて中々ブリードを開始出来ないもんだから、MYMESOさんの所の即ブリの♂に種付けして貰いました。
もちろんその種親っていうのは・・・・
ありがとうございました。

そして今回の本命の目的。
この虫を見せて貰って来ました↓

HCK01.jpg

HCK02.jpg

【学 名】〔 Dorcus haitschunus 〕
【名 称】ハイチュヌスコクワ
【産 地】貴州省・雷山県・雷山林場 産
【累 代】 F 3
【サイズ】♂52mm・♀28mm


過去に不明の虫として♀単品で入荷したその一頭からの累代品だと思うんですが、今後のWILDの入荷は困難で超がつくほどのレアなクワガタです。
悲しい事に超がつくほどのデフレの影響でとんでもなく安い価格で販売されているのが現状でして、絶対に買いだとは思うんですが、普通種のアカアシとかなり類似した形が仇となっているというか、そのレア度がそれほど目立たないというか・・・
安いからって飛びつけない所がある虫な訳で・・・
その辺は難しいっすよね。

そんな訳で今まで画像でしか見た事が無かった本種を生で見てみると・・・ 完全にやられました・・・
期待を裏切られたと言うか・・・ いやいや良い意味で・・・
アカアシじゃない?なんて感覚で見に来ていたんですが、実個体は全く違う別物でした。
まだサイズが小さいですが、恐らくサイズが出てくると大きい内歯に形状の変化が出るような兆しがあり、個人的にかなり興味をひきます。
なんて言って良いのやら、自分は専門家じゃないので良いコメントは言えないんですが・・・
完全に自分の壺に嵌ってしまいました。
簡単に言うと欲しくなっちゃいました(笑)
金欠だっていうのにどうしましょ(爆)



なにわともあれ久々に面白いものを見れました。


とまあ本当の意味での目的は横浜クワ友会の皆さんとの雑談でして、自分の到着が予定より2、3時間も遅れたっていうのに快く相手をしてくれた、MYMESOさん、NANAWAさん、まるくりんさん、そしてKさん、ありがとうございました!

現在いろいろと精神的に追い込まれていたもんだから、とても良い息抜きになりました。

近々また集まりましょう!

とりあえず次回は忘年会かな?


残りの画像を・・・

HCK03.jpg
HCK04.jpg
HCK05.jpg
HCK06.jpg
HCK07.jpg
HCK08.jpg
HCK09.jpg
HCK10.jpg
HCK11.jpg
HCK12.jpg

≪マレー亜種 (ケランタン)≫ エレガントゥルスコクワ -ufus-

このコクワは良く分かりません。
去年の秋に羽化したと思ったら春先まで活動を始めてくれず、
逆に春先に羽化してきた新成虫は夏には活動を始めていたり。
おかげで新成虫の活動に気付かずにかなりの数の本種を餓死
させてしまう羽目に・・・
そんなコクワがこいつ等↓

MK3.jpg

【学名】Dorcus elegantulus -rufus-
【名称】エレガントゥルスコクワガタ
【産地】マレーシア・ケランタン 産
【累代】 W F 3

うちではケランタンとキャメロンハイランドの2産地をブリード
時期に誤差をつけながら累代しています。
同じ産地差はほぼないかと思います。
他の亜種とは全く違いますけどね。

こいつ等も他のコクワと同じく、セット後は完全放置・・・
それでもちゃんとしたコツを掴んだセットを組んでいるだけに、
ケース外から幼虫を複数確認。
しかもこんな酷い飼育環境下(完全放置)でしかも羽化から一年
は経過しているっていうのに割り出し途中で生存している親を発
見出来ました。
しっかりと餌を与えて再セットしてみるつもりです。

とりあえず割り出し結果は・・・


≪割り出し結果≫

【学名】Dorcus elegantulus -rufus-
【名称】エレガントゥルスコクワガタ
【産地】マレーシア・ケランタン 産
【累代】 W F 4

MK1013.jpg

幼虫→→→19頭也


デフレの波とコクワブームの陰りですっかり安い虫に成り下がって
しまいましたが、とても魅力あるコクワなのでまた人気があがって
くると思うので、大事に累代を重ねていくつもりです。

エレガントゥルスコクワはやはり-rufus-が一番ですね。
何より色が綺麗だし、スマトラと同じくらい大型になりますからね。

とにかく再セットしないと・・・

≪原名亜種≫ エレガントゥルスコクワ(インドネシア ジャワ島産)

数頭抱えていたので余裕をかましてしまっていた本種

【学名】〔 Dorcus elegantulus elegantulus 〕
【名称】エレガントゥルスコクワ
【産地】インドネシア ジャワ島 産
【累代】F5

JE2

管理ミスからポロポロと☆にしてしまい慌てて産卵セットにぶち込んで一安心(笑)
それから今日まで放置~
もちろん久々に覗いてみれば餓死していました・・・
購入先のNさん・・・
情けない状況ですみません・・・

しかし!

こんな酷い扱いだったにも関わらず累代するには充分な幼虫は確保出来ました。


≪割り出し結果≫

【学名】〔 Dorcus elegantulus elegantulus 〕
【名称】エレガントゥルスコクワ
【産地】インドネシア ジャワ島 産
【累代】F6

JE1012

幼虫16頭也

次世代では気合を入れてブリードに励みます(笑)

とりあえず一安心です・・・

グラウトコクワ

産卵セットを組んでから全くその存在を忘れてしまっていた可愛そうな奴等・・・

【学名】〔 Dorcus groulti 〕
【名称】グラウトコクワ
【産地】 タイ ナン 産
【累代】 W F 2

GK2.jpg

もちろんゼリーはカラ・・・

ただ嬉しい事にケース脇から幼虫を確認出来たので割り出し!

≪割り出し結果≫

【学名】〔 Dorcus groulti 〕
【名称】グラウトコクワ
【産地】 タイ ナン 産
【累代】 W F 3

GK1011

幼虫→→→8頭也

かなりお粗末な結果でがっかり・・・

ただ割り出し中に♀の生存を確認!

♂は天に召されていたので♀単品で再セットしてみます。

ってか、今季もワイルドが入荷しているみたいだし購入しておこうかな・・・

好きな虫だけに悩みます。

≪ベトナム亜種≫タナカコクワ

ちょっと時間が出来たので先日ぽちっと落札した虫を引き取りに行ってきました!
LJ1.jpg

この趣味をやっている方なら知らない人はいないショップですよね。
LJ2.jpg

お持ち帰りはこのペア!
TK0.jpg
そうそうマジックで書かれている通りにタナカさんです(笑)

なんて冗談はさておき

TK1.jpg
じゃ~ん!
TK2.jpg
画像だと赤いのが伝わらないのが残念・・・

【学 名】〔 Dorcus tanakai 〕
【名 称】タナカコクワ
【産 地】ベトナム・ハザン 産
【累 代】WILD
【サイズ】♂39mm(B) ♀25mm

今更この虫?
なんて言われてしまうかもしれませんが・・・

ワイルドでLJとしてはかなり安い価格だったんで購入しちゃいました。
おそらくブリード物なら購入しなかったかも。

近々中国のタナカさんもお迎えする予定でして・・・
そうなるとベトナム産も欲しくなってしまった訳で(笑)

ちなみに本種の特徴はベトナム産は内歯が顎の根元近くにつくのに対して、
TK3.jpg

中国産は内歯が中心より前に付きます。

こんな個体差があるもんだから・・・
両方の産地を飼育したくなっちゃう訳で(笑)

ちなみに♂は赤い個体に対して、♀は真っ黒。
TK4.jpg

ほんと♂♀似合わない虫ですよね?

TK5.jpg

頑張って沢山産んでくれ!

≪原名亜種≫ エレガントゥルスコクワ(インドネシア ジャワ島産)

知り合いが出品してて余りにも安かったもんでポチッとしちゃいました(笑)

JE1

JE2

【学名】〔 Dorcus elegantulus elegantulus 〕
【名称】エレガントゥルスコクワ
【産地】インドネシア ジャワ島 産
【累代】F 5

エレガントゥルスコクワは4亜種に分かれており、すべての亜種ごとに特徴がある事からコレクター心に火をつけられます(笑)
本種は数年前に材割にて大量に採集された事でまとまって入荷しましたが、それ以降は殆ど入荷していませんね。
とにかく小さい虫だけにこの虫を狙っての採集は困難みたいです。
だけどスマトラ産は馬鹿みたいに入荷しますよね・・・
こればっかりは不思議でなりません・・・
ただ持ち込んでいる業者がいわくつきなだけに・・・
おっとこれ以上書くのは辞めとこ。

購入先のNさんが言う

『ジャワ産は何処となくダイオウヒラタを小さくした感じの顎の形』

という特徴の表現がまさにあっているというか・・・↓
JE4

内歯はマレーと何処となく似ているが、同サイズの【rufus】と見比べてみると全く違います。
JE3

ついでに別角度から・・・
JE5

よく『エレガントゥルスコクワは亜種が多いけどレアな順番は?』
なんて聞かれるんですが・・・
あくまでも個人的な意見で書かせていただくと・・・

①【 Dorcus elegantulus akaishii 】 フィリピン(パラワン)
②【 Dorcus elegantulus rufus 】 ミャンマー・マレーシア
③【 Dorcus elegantulus elegantulus 】インドネシア(ジャワ)
④【 Dorcus elegantulus axis 】インドネシア(スマトラ、ボルネオ)

こんな感じじゃないかと・・・

【akaishii】に関しては、一度も入荷していないのでレアと言うしかない。
ちなみにどんな特徴を持っている個体なのかもわからない。

【rufus】に関しては、現在暴落の兆しがありますが、過去のワイルドの入荷を考えればまずペアでの入荷は殆どないし入ったとしてもそれなりの価格。
入荷しやすい産地だけど、過去の入荷数からするとこの位置だと思う。
【axis】と張れるぐらいのサイズが出る事が魅力かと・・・
特徴はサイズが出れば出るほど中歯になる。

【原名亜種】に関しては、確かに入荷数は少ないけれど定期的に細かく持ち込まれているし、産地的にガンガン持ち込まれる地域だけに・・・
この位置が妥当かと・・・
亜種の中でサイズが出ないのが人気薄の理由かも・・・
ダイオウヒラタのような顎の形になるのが魅力的かな?

【axis】に関しては、人によっては②番に持ってくる方がいるかもしれませんね。
確かにボルネオ亜種はレアだと思いますが、安価なスマトラ亜種と同じ亜種だけに確かな個体差はありません。
入荷したワイルドを手に入れるのならいいかもしれませんが、累代物に関してはラベル頼りになるだけに、個人的に言うとスマトラ産のドでかい個体に投資した方が良いかと思います。
入荷したワイルドに関しても、本当にボルネオ産なの?なんて疑問も残りますし。
マンディブやフルストファーでも疑惑の多い産地だけに深入りは禁物かと・・・
ただ亜種の中では一番大きくなりますし、大型になると二つある内歯がひとつになるという特徴が出てくるので、本種に関してはスマトラかボルネオかと言うより、30mmオーバーの個体を手にしたいっすね。

ギネスを狙うならやはり【axis】か【rufus】ですが、【axis】の方にやや分があるような気がします。


熱く語り過ぎてしまった(汗)

ってな訳で、落札した個体をN氏の所に本日引き取りに行ってきたんですが、すぐに帰ると言っておいて2時間近くも熱く語り合ってしまいました(笑)

Nさん、楽しいひと時をありがとうでした。
近々また別件でお伺いさせていただきますね!
その時には例の手土産もお持ちしますので!

ペアでの購入でしたが・・・
訳あって5匹持ち帰ってきました(笑)

Nさんありがとうでした!
プロフィール

TAIGA-PAPA

Author:TAIGA-PAPA
FC2ブログへようこそ!

リンク
カテゴリ
検索フォーム
最新記事
最新コメント
QRコード
QRコード
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
ブロとも一覧
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。