スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ツツイシカ

本種のビークワギネスの体長に驚かされ、自分でもあんなサイズを出してみたいと夢見てしまったこの虫↓

TS2.jpg

個人的にディディより好きなシカクワです。

TS1.jpg

ただ個人的にはタイのスペキが好きかな・・・

【学 名】〔 Rhaetulus creratus tsutsuii 〕
【和 名】ツツイシカクワ
【産 地】南ベトナム ダラット近郊
【累 代】 F 3

TS3.jpg
カワノイとの違いは裏返せば一目瞭然!


♂♀の成熟が合わずにかなりブリードに苦戦しました。
最初に手に入れた♂が♀より先に活動を始めてしまい、♀の活動を待たずに他界・・・
仕方なく♀の活動を待って出元から新たな♂を手に入れたが、♂の成熟が甘くしばらく様子を見ながらブリードを開始したが、セットして2週間足らずで♀が他界・・・

おそらく失敗かな・・・

なんて空気が張りつめていましたが・・・


≪割り出し結果≫

【学 名】〔 Rhaetulus creratus tsutsuii 〕
【和 名】ツツイシカクワ
【産 地】南ベトナム ダラット近郊
【累 代】 F 4

幼虫→→→15頭也


微妙な数ですが・・・

♀が早く☆になった割には満足な結果だったかな・・・
スポンサーサイト

カワノイシカ

個人的にタイ産が好きだったもんで、このベトナム産に手を出すのが裏切りの様に感じてしまいずっと敬遠してきてしまったこのシカクワ↓

KS001.jpg

KS002.jpg

KS003.jpg


【学 名】【 Rhaetulus crenatus kawanoi 】
【和 名】 カワノイ シカクワ
【産 地】ベトナム・タムダオ 産
【累 代】 WF2

なんて言いながらもツツイシカに関しては既に何の抵抗もなく受け入れてしまっていた訳で・・・
やはり今更この虫?
って所が大きいかもしれませんね(笑)

ちなみにツツイシカとの違いは本種はひっくり返すとこの様に足の付け根が黄色いんです。↓
KS004.jpg

ここまでは手に入れる前に分かっていた事だったんですが・・・

KS005.jpg
まさか♀にはその特徴が無いとは手に入れるまで知りませんでした・・・

これじゃツツイシカの♀と混じってしまったら区別がつきませんね・・・

ちなみにこの虫も初めて入った某ショップでそこの店長と話が盛り上がってしまい・・・
何も買わずに出るに出れない状況に追い込まれてしまって仕方なく購入した虫でして・・・

無駄買いしてしまったと後悔していましたが・・・
この違いを知ったせいか今更ながら購入して良かったと思っています。

ウエストウッディ カズミアエ

やっとウッディの好む産卵セットが分かりかけてきたので完璧な産卵セットを用意して追いがけをして再セットだ!!!

なんて行き込んでたら・・・

♀が天に召されていました・・・

それなりに様々な虫をブリードしてきているので、寿命が近い♀は見れば分かるのですが・・・
一昨日確認した時には物凄く元気で、まだまだ体重が重かったんで来月ぐらいまでは間違いなくブリード出来ると思っていたんですが・・・

なぜ落ちた・・・

ありえん・・・・

ありえん・・・・・・・

ありえん・・・・・・・・・・

しばらく立ち直れんよ・・・・・・・・・・

折角用意した産卵セットが・・・・

ウエストウッディ カズミアエ

万全な追いがけをする為にジックリと休ませてきたこの虫↓

WWK001.jpg

WWK002.jpg

WWK003.jpg

【学 名】〔 Rhaetulus westwoodi kazumiae 〕
【名 称】ウエストウッディ・カズミアエ
【産 地】ミャンマー・カチン 産
【累 代】 WF2

いつ見てもカッコいい虫ですよね。

とにかく本業が忙しくてウッディのブリードをしているっていうのに放置状態です。

これじゃいけないですね(汗)

今週末こそ追いがけをして最後の追い込みをかけたいと考えています。

なんとなくですがウッディのブリード法が自分なりに見えてきた気がしています。

ウエストウッディ カズミアエ

ズルズルと後回しにしちゃっていましたが・・・
先日横浜の虫友さん達と割り出したこの虫の残りの産卵木を割り出しました↓

WK01.jpg

【学 名】〔 Rhaetulus westwoodi kazumiae
【名 称】ウエストウッディ・カズミアエ
【産 地】ミャンマー・カチン 産
【累 代】 WF2
【種 親】♂80mm×♀44mm

WK02.jpg

オフ会に持って行けなかったサクラの産卵木が今回の本命なんですが、正直に話すとこの産卵木がかなり期待が持てていたので楽しみに残していました(笑)

とその前に先日みんなと割り出した材ですが、再利用しようと残しておいたんですが、思い切ってすべて割ってしまおうって考えまして勿体無いけど割ってしまう事に。

そうそう先日割り出した値千金の幼虫一頭ですが、昨日の夜に恐る恐る覗いてみたら綺麗さっぱりに溶けていました(泣)
やはり孵化したての幼虫の管理はオイラはかあり苦手です。
ってか、かなりショックです。
そんな訳で割り出しに踏み切ったわけで・・・

話がそれた(笑)

ガンガン割り出して見ましたが腐った卵しか見つからず・・・

こないだ固すぎて割り出しを控えていたニレ系の材かな?
そこから値千金の幼虫が一頭発見!
(はしゃいでしまい撮影し損ねました・・・)

ただこの一頭のみで他は見つからず・・・  残念・・・


そして本命の産卵木

まずは割りやすい部分から材を裂いていくと・・・

ぶちっ・・・

嫌な予感・・・

そっと裂いた材をみると透明な汁が吹き出た幼虫が・・・Σ( ̄ロ ̄lll) ガビーン

相変わらず割り出し下手・・・

どうにか生き残ってくれ!って願いを込めて(笑)

なにせ孵化からかなり経過していただけにこんななんだもん↓

WWK-001.jpg

縦横無尽に動かれてちゃ潰さずに割り出すのは至難な業な訳で・・・

こんな感じに大人しくしていた幼虫ならすんなりと回収出来るんですが・・・↓

WWK-003.jpg

とにかく産卵木を縦横無尽に食痕が走っている状況でして・・・

WWK-002.jpg

今更ながら卵で割り出して置けばよかったと後悔・・・

最終的に頑張って生き残ってくれ~(笑)

っていう幼虫が3頭ぐらい出た被害で完結(笑)

そんな割り出し結果は・・・


≪割り出し結果≫

【学 名】〔 Rhaetulus westwoodi kazumiae 〕
【名 称】ウエストウッディ・カズミアエ
【産 地】ミャンマー・カチン 産
【累 代】 WF2

初令幼虫→6頭也

そして完全に潰れた幼虫一頭なり(TmT)ウゥゥ・・・

こんな事なら勿体ぶらずに横浜に持ち込んで割り出し上手のMYMESOさんに
割り出しをお願いするべきだった・・・

なにわともあれ、セットを組んで一週間ちょいで♀を抜いたセットにしてはかなり産んでた方じゃないかな?

腐ってた卵が初期の卵か後期の卵かだったかが悩む所だけれど・・・

とりあえず現在のセットはかなり放置していて時間が経っているので無理に割り出さずに放置しようかと考えています(笑)

割り出して潰すよりはマシでしょ・・・

やはり卵割り出しは重要ですね。

ただ今の仕事をしている限りは卵割り出しなんてやっている時間がありません・・・

ウムハンでこりごりしています・・・

次回にご期待を・・・

ウエストウッディ カズミアエ

夜な夜な横浜へ夜遊びに行ってきました!
と言うのも、ここ数年特に仲良くしている

『 横浜クワ友会 』

のプチオフ会に参加してきました。
オイラは埼玉県在住なので会員資格はないんですが、
皆さんのご好意で特別に会員にしてもらってます。
ってな訳で、会員になっているにも関わらず全くオフ
会に参加出来ていなかったもんで、今回遠征してきま
した。

今回は自分の思いつきで急に遠征する事になったので、
MYMESOさん、NANAWAさん、まるくりんさん
の4人でNANAWAさんの会社に集まりました。

今回の目的は・・・

①材割に気を使うもんだからめんどくさがって割り出し
をし損ねているウッディカズミアエの割り出しを、その
道のプロであるMYMESOさんに押し付ける(爆)

②抱えている自己採取のカワラ材が大きいものばかりで、
手頃に使いやすくする為にNANAWAさんの会社にある
高速カッターで小分けにする。

③NANAWAさんに頼んでもらってたあるマットを引き
取りに行く事。

なんて計画をたてていたものの、別の虫談に花が咲いてし
まい気付けば2、3時間。
NANAWAさんもまるくりんさんも翌日もお仕事だって
いうのに朝方まで相手をして貰っちゃいました。
もちろんMYMESOさんもいつもながらすんません・・・

とまあ、気付いたら外が明るくなってきてしまったもんだか
ら慌ててミッションを遂行(笑)

まずはカズミアエの割り出し!
MYMESOさんがご愛用の割り出し道具で手馴れた手付き
で埋め戻しされた材を暴いていったんですが・・・
出るわ出るわ真っ黒に腐った卵・・・
とりあえず画像を・・・

WK01_20101020034228.jpg

目ぼしい埋め戻しだけを割り出して貰ったんですがお手上げ
状態。ほぼ諦めモード全開・・・
反応が良い材だっただけに、また再利用できるように無理に
割り出すのを辞めようって事で終了・・・

個人的にはまるで黒虫のように材をガリガリと齧っているって
とりあえず産卵している事を皆さんに見せる事が出来たので良
かったかと・・・
こんな感じで情けない結果を受け止めようとしていたら・・・
唯一割り出しを諦めていなかったNANAWAさんが徐に材を
取り出し割り出しを始めたと思ったら!!!

値千金の叫び!!!!

幼虫がいるじゃん!しかも孵化したて!≪画像参照≫

WK02_20101020034227.jpg

愛くるしい第一号の幼虫を発見!!!

NANAWAさん、あんた 素敵だよ(笑)

何より皆さんがこの発見に自分の事のように喜んでくれたので
嬉しかった(泣)
これこそ仲間ですよね。

なにわともあれ孵化を確認できた事で、♂♀の成熟が問題なかっ
たという事が証明できたわけで・・・
しかも今回割り出したのはセットを組んで一週間でメスを抜いた
セットでして、次の産卵セットではもっと大きなケースでガンガ
ンに材を齧っているので期待大かな・・・

こうなれば残りは自分でジックリと割り出し。
今回こちらに持ってこなかった産卵木を家に数本残してきている
ので、勿体無いけど再利用は考えずに割り出そう!
ほんと皆さんに感謝です。

ってな訳で、2番目のミッション。

天然カワラ材を手頃なサイズにカット!

ここでもNANAWAさんが大活躍(笑)
ばっさばっさと材をコンパクトにカット!
ってか、面倒な作業を押し付けてしまっていただけに、今更ながら
申し訳なく思っています。
何せ会社の入り口で切り刻んでいたもんだから、カットする事で発
生した切り屑で辺り一面粉まみれ・・・
本日も仕事だっていうのに申し訳ないっす・・・
本当にNANAWAさんには頭が上がらんです。
もちろんMYMESOさん、まるくりんさんも自分のわがままにお
付き合いして頂いてすみませんでした。
今後とも宜しくです。
コンパクトにした材を皆さんにお分けする事が出来て自分としては
少し肩の荷が下りたかな。
それらが個々のブリードで役に立ってくれている事を密かに願って
います。

こんな感じで最後のミッションであったマットを車に積み込み、す
っかり明るくなった朝方に帰宅につきました。

ほんと久々に楽しい時間を過ごせました。
今後も出来るだけ多く横浜には遠征してきたいと考えています。


これ以外にもNANAWAさん作出の大型マクダーレンコクワには
驚かされました。

今季こそ気合を入れて飼育しますので幼虫が飛んでくるのを心待ち
にする事にします(笑)

皆さんありがとう!

それと今回お会いできなかった別の会員さんとお会い出来る事を楽
しみにしたいと考えています。

久々に長文になってしまった(笑)

中国(チュウゴク)クロツヤシカ

いつも撮影しようと思った時に限って♂が☆になってしまって撮影出来ずにいたこのクワ↓
CNS1

【学 名】[ Pseudorhaetus sinicus sinicus ]
【和 名】中国(チュウゴク)クロツヤシカ
【産 地】中国・福建省・三明市 産
【累 代】F 2

そこそこ大きなのが羽化してきたので撮影しました。
自分の好みとしては台湾亜種のザウテルの方が好きなんですが・・・

それなりのサイズの本種を手にしてしまうと・・・
どちらも甲乙つけれなくなってしまうのが本音です(汗)

ちなみにひっくり返すとこんな感じ↓
CNS5

誰が見ても他の亜種との違いを区別出来るかと・・・
ブリードに癖がある種だけに、今後の累代が課題になってきそうです。

せっかくなので別の角度から撮影した物もUP

CNS2

CNS3

CNS4

魅力的でしょ?

台湾(タイワン)シカ

1月15日に割り出ししたものの、あまりに幼虫が出てくるもんだから放置しまくっていたこのクワガタ(笑)↓

タイワンシカ

【学 名】〔 Rhaetulus crenatus crenatus 〕
【和 名】台湾(タイワン)シカクワガタ

久々に産卵セットを覗いてみたら↓
TS1_20100318233738.jpg

材の原型すら残っていないぐらいに食い散らかされていたので慌てて割り出してみました(汗)

予想通りに喧嘩しまくっていたようで、あっちこっちに幼虫の頭らしき痕跡が転がっており・・・

割り出しが遅れてしまった事を反省・・・(汗)

そんな割り出し結果は・・・


【学 名】〔 Rhaetulus crenatus crenatus 〕
【和 名】台湾(タイワン)シカクワガタ
【産 地】台湾・桃園懸・復興郷・四陵 産
【累 代】WF2

TS2_20100318233738.jpg

初令~3令幼虫→→→22頭


抱えるのがツライっす・・・(笑)

某オークションに放出したい所ですが・・・
こないだ出品したら激安で落札となり、ある虫友さんからあんな価格で売られちゃ虫がかわいそう(爆)
なんてクレーム(笑)を頂いちゃったんで・・・(笑)

残りは多頭飼いをしてでも自分の所で管理することに・・・

いやいや数頭はクレームを頂いたお詫びに送り込もうと企んでいます(爆)


本当に虫を愛しているなら、現在のように超がつくデフレが起きている時期は、出来るだけブリードを制限して過剰に採り過ぎなくする心がけが必要ですよね・・・

ちょっと反省します・・・

ウエストウッディ・カズミアエ

WK01.jpg

【学 名】〔 Rhaetulus westwoodi kazumiae
【名 称】ウエストウッディ・カズミアエ
【産 地】ミャンマー・カチン 産
【累 代】 WF2
【種 親】♂80mm×♀44mm

WK02.jpg

WK03.jpg

WK04.jpg


WK05.jpg

【サイズ】
     ♂ 77mm     
     ♀ 45mm
【羽 化】
     ♂ ‘09年09月13日
     ♀ ‘09年08月31日

WK06.jpg

奄美(アマミ)シカ

やっと割り出しました!

AS3

この

AS1.jpg



AS2.jpg


【学名】〔 Rhaetulus recticornis 〕
【名称】奄美〔アマミ〕シカ


あちらこちらに幼虫を確認。

ASZ

既に食い進み始めていたので割り出しに苦戦・・・


割り出し結果はこんな感じです。

【学名】〔 Rhaetulus recticornis 〕
【名称】奄美〔アマミ〕シカ
【産地】鹿児島県・大島郡・宇検村 〔奄美大島〕 産
【累代】WF3

ASW

幼 虫→→→18頭


爆産する虫みたいですが・・・
自分の所ではいつもこんなもんです・・・

何かブリードの仕方に問題があるんでしょうか?

たくさん採りたいと思っている種に限って結果がついてきません・・・
プロフィール

TAIGA-PAPA

Author:TAIGA-PAPA
FC2ブログへようこそ!

リンク
カテゴリ
検索フォーム
最新記事
最新コメント
QRコード
QRコード
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
ブロとも一覧
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。